研究の責任体制と諸規定(四国大学の研究関係諸規定)

機関全体を統括し、運営・管理について最終責任を負う。また、統括管理責任者及び部局責任者が責任を持って運営及び管理を行えるよう、適切にリーダーシップを発揮する。

最高管理責任者を補助し、運営・管理について機関全体を統括する実質的な責任と権限を持つ。

採択を受けた研究代表者及び負担金の配分を受けた研究分担者の所属学部・各部局の長として、実質的責任者と権限を持ち、部局内の全般を統括する。

各種窓口の設置について

通報の受け付け

公的研究費における不正行為に関して、学内外からの通報を受け付けております。

*注意事項
通報は原則として顕名によるものとし不正行為を行ったとする研究者・グループ、不正行為の態様等、事実の内容が明示され、かつ不正とする科学的合理的根拠が示されているものを確認させていただくとともに、調査が必要に場合は通報者に協力を求めることがあります。
調査の結果、悪意に基づく通報については、氏名の公表やちょうかいしょぶん、刑事告発もありうることを申し添えます。

相談窓口

公的研究資金等公募申請等の事務手続き及び使用ルールに関して、相談を受け付けています。

四国大学 教育・学生支援部 学部運営支援課
〒771-1192 徳島市応神町古川字戎子野123-1
TEL:088-665-9909  FAX:088-665-9958  E-mail : gakubu-shien@shikoku-u.ac.jp

関連諸規定