Shikoku University

088-665-9650

四国大学 数理・データサイエンス・AI教育プログラム
-Shikoku University Math,Data-Science and AI Educational program-

はじめに

文系理系を問わず、本学の全学生を対象としたリテラシーレベルの教育プログラムです。
今後のデジタル社会において必須とされる数理・データサイエンス・AIの基礎的知識・スキルを身につけ、日常生活や仕事の場で活用できるようになることを目的としています。

カリキュラム

学修目標

  1. データやAIによって社会及び日常生活が大きく変化していること並びにデータ・AI活用領域の広がりについて理解し、データやAIを活用する価値を説明できる。
  2. データを適切に読み解くことができ、適切な可視化手法を選択してデータを説明できる。また、スプレッドシート等を使って、データを集計・加工できる。
  3. データやAIを利活用する際に求められるモラルや倫理、データ駆動型社会における脅威(リスク)及び個人のデータを守るために留意すべき事項を理解する。
  4. データやAIを活用した一連のプロセスを体験し、データ・AI利活用の流れ(進め方)を理解する。

履修方法

本プログラムを履修するために特別な手続きは不要です。他の科目と同じように履修登録をしてください。

修了要件

全学共通科目で開講されている以下の科目の中から、必修科目を含む2科目4単位以上を習得すること。

令和4年度 数理・データサイエンス・AI教育プログラム開講科目一覧
講義名称 講義コード
(代表・共通シラバス)
単位数 プログラム必修・選択の別
AI・データサイエンス入門 大学:20014501
短大:30013601
2 必修
AIで変わる社会 大学:20013901
短大:30013301
2 選択
社会人基礎力入門 大学:20010004
短大:30010004
2 必修
情報処理 大学:20001007
短大:30000103
2 選択

授業方法等の詳細についてはシラバスをご参照ください。
四国大学シラバス検索システム
※別ページで開きます、「講義コード」または「講義名称」で、各科目の詳細を閲覧できます。開講年度に注意してください。

カリキュラムデザイン

本プログラムのカリキュラムデザインについて次のとおり公開します。

※授業方法等の詳細についてはシラバスをご参照ください。各授業科目名にシラバスへのリンクが貼ってあります。
※表中の番号は、何回目の講義でその内容を実施しているかを示しています。

身につく力

現代社会において数理・データサイエンス・AIの果たしている役割やデータ利活用の領域、その事例や価値創出、留意すべき事項について理解するとともに、実際のデータを「読む力」「説明する力」「扱う力」を身に付ける。

本プログラムを受講・修了するメリット

様々な分野・業種の企業が求めている数理・データサイエンス・AI教育を受けた学生であることが証明される。

学修環境

デジタルキャンパス

本学では教育のDXを進めています。様々な角度から,学修環境のアップデートが断続的に進んでいます。

BYOD

四国大学では,ICTを活用した教育効果の強化を目的として,学生自身の所有するBYOD端末の利用を推奨しています。本学の学生は在学中,Microsoft Office 365を無料で利用できる他,Googleの各種サービスを利用することができます。

SUCCESS Wave

四国大学では,学内および関連施設において,学生・教職員向けの高速WiFi(SUCCESS Wave)を提供しています。学生が保有するBYOD端末の他,スマートフォン等のICT機器を接続し,講義や学生活動全般に等に利用することができます。

情報教育センター

学生が保有しているBYOD端末に関する様々なサポートの他,SUCCESS Waveをはじめとする学内ネットワークの管理・運営,その他学内のDXに関する業務を行っています。

レンタルパソコン

また,BYOD端末を忘れた場合や,端末の修理中である等の学生に対して,情報教育センターが保有するパソコンを一時的にレンタルするサービスを提供しています。

その他

その他,本プログラムに関する情報を公開します。

『四国大学 数理・データサイエンス・AI教育プログラム』成績優秀者表彰制度

プログラムを修了した学生の中で成績優秀の人に学長から賞状と副賞が授与されます。

受賞者のコメント(令和3年度)
  • 受講前はすごく難しそうなイメージだったが、すごく丁寧に教えていただき、分かりやすかった。ぜひ、 後輩にもお勧めしたい。
  • 授業を受ける前までは、AIのことはよく分からなかったが、日常生活と繋ぎ合わせて説明してくれたので、分かりやすく授業を受けることができた。
  • この分野を初めて学ぶ人でもわかりやすい授業だったので、これからも受講する人が増えていけばいいと思う。
  • 残りの大学生活の中で、もっとAIのことを学び、他の分野にも活かせることがないか考えていきたい。
  • 将来、この授業で学んだことを活かせる仕事に就きたいと思う。

実施体制

本プログラムの実施体制について次のとおり情報を公開します。

運営責任者 全学共通教育センター長
実施組織 全学共通教育センター
プログラムの改善・進化 数理・データサイエンス・AI教育プログラム専門委員会
プログラムの自己点検・評価 数理・データサイエンス・AI教育プログラム専門委員会
自己点検・評価部会
fig.四国大学における実施体制

自己点検・評価結果

受講者の能動的・主体的な学習が促進されているか、数理・データサイエンス・AI領域への興味・関心が高まっているかについて検証を行い、次のとおり公表します。